クレカのマニアックな使い方

クレジットカードのポイントがなかなか貯まらない

クレジットカードを使っていてもなかなかポイントが貯まらない。ほしい商品があっても貯まる前にポイントが失効しちゃうって人結構いると思います。確かに、クレジットカードのポイント設定ってかなりシビアですよね。「え!こんなにポイントいるの!?」って衝撃を受けたことがある人は多いと思います。

 

商品と交換するものだけでなく、例えば楽天カードのようにポイントが直接楽天市場で使える場合も、カードを結構使っているにも関わらずポイントで購入できるのは数百円程度のものだった・・・なんてこともよくありますよね。

 

「ホントにこんな豪華な賞品と交換できてる人なんているの!?ホントは賞品を用意したふりだけして、誰もそこまでポイントなんて貯まらないんじゃないの!?」と思っていませんか?

 

いいえ、現実に交換できてる人はいます!

 

それでは、よほどのお金持ちで相当な買い物をしているからポイントが貯まっているのか。必ずしもそうではありません。豪華賞品を手に入れている人たちは高所得者の方ばかりではありません。一般的な庶民でも交換できている人はいるのです。それでは豪華賞品に手が届かない人たちと比べて一体なにが違うのでしょうか。大事なのは、いかに工夫をするかなのです。ただ単純に買い物だけしていても貯まるポイントに限界があります。

 

なにもポイントは買い物だけで貯まるわけではありません。工夫をすることで日常の様々な場面をポイントと結びつけることが可能になるのです。しかしそれらを見つけて実際に結びつけるには、クレジットカードの知識が豊富に必要となります。それらを覚え、学ぶことがポイント獲得への第一歩となるのです。

 

そんなポイントを賢く貯める技や情報を本サイトでは紹介します。中には「そこまでする!?」というものもあります。確かに中には面倒な作業を経て得られるポイントもあるのですが、それが後に豪華な賞品に結びつくと考えればお得に感じられるのではないでしょうか。

 

例えば・・・

クレカのマニアックな使い方

クレジットカードの会員サイトを見ただけでは知れない意外なポイントの貯め方がたくさんあります。

 

例えば、有名なのが会社の飲み会を利用するという方法。会社の飲み会で幹事を行うことで大量のポイントを獲得することができるというわけです。どういうことなのか。それは、飲み会の費用を自分のクレジットカードで立て替えるという荒業。それによって飲み会の総額に応じたポイントを独り占めできますよね。当然、代金は戻ってくるので自分の財布を締め付ける心配もありません。

 

この場合、規模が大きければその分だけポイントも多くもらうことができるので場合によっては、かなりのポイントを得られることになります。ただし限度額には注意しなければいけませんね。